So-net無料ブログ作成

7月20日 もう見過ごせない!椅子の背もたれの破れ [DIY]

20年以上使ってきたダイニングチェア。籐製の背もたれ部分が、数年前から傷んできて、ずっと気になってます。 ちなみに、座面の張り替えは、2年に一回くらいの間隔で、もう何度も行っていて、中年妻も得意とするDIYです。施工紹介にも適したDIYなのにブログ掲載した事がないんです。写真の花柄生地も昨年末張り替えたばかりですが、なぜか毎回、年末のドタバタ時期の作業になってしまい、写真撮ってる余裕がなかったんですね。今回は背もたれ部分をDIY補修するというテーマで、ぐっと難度が上がる事もあり、きっちり記録しておきます。

DSC03773.jpgDSC03779.jpg

6脚中3脚は、ついに破れがひどくなってしまい、とても見苦しい状態になっています。 なんとかしなくちゃ!と以前からホームセンターに行く度に、籐=ラタンの補修材料がないかと探していました。手芸材料のラタンはよく見かけるのですが、椅子の補修に適したものは現在まで見つかっていませんでした。(こうなると普通はプロにお任せするんでしょうけどね)中年妻も、もう限界じゃない?というので真剣に検索し続けたところ、なんと救いの手が現れました!まさに、このラタンで編んだ網目の製品を椅子の張り替え用として扱っているお店を発見したんです。滋賀県の福島工業さんという籐の専門店です。しかもとても安価で、張り替え方法も丁寧に紹介されており、思わず中年夫、「これだよ、これ!」と声を上げていました。

 

 DSC03761.jpg

一昨日夜、 3脚分補修できる大きさのラタン網と、枠にはめ込む為のラタンの芯をオーダーし、昨日送金したのが、今日の午前中には宅配便で届きました。これも素早い対応で感激です。籐製品なので箱はとても軽いです。さっそく梱包を開けてみました。ラタンの四つ目編み45cm幅のものを長さ100cm分、それに丸芯5mm径x1.5Mのものを3本購入しました。しめて送料込みで¥2,580でした。これで3脚ちゃんと修理できれば、これほど安上がりなことはありません!

 

 DSC03876.jpg 

肝心の籐の編み目は2mmで、椅子に張られていたものと全く同じです! あとは実作業の腕次第? 着工は後日。乞ご期待!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。